・TARAMAN  という名のモノ・

曰く・古典と改革である  曰く・不要と必要である  曰く・不変と変化である  曰く・冷静と情熱である

ただ・学び妄想する  ただ・具現化し刺激する  ただ・自身の世界を作る ただ・それが衣だけでは足り得ないだけ

様々な感情色を取り込んで染み入る深さを保ちつつ、昔より変わらぬ想いと行動をとる者の名

・FASHION is PASSION is TARAMAN・
 

幼年期より数多くの古寺古跡が点在する奈良で育ち、古人の作り手の息吹を肌で感じてきた。

物語を読む事が好きだった少年は、クラシック音楽と出会い音の裏側にある物語やイメージを

想像し演奏すると同時に、その時代の風俗に興味を持ち映画や書籍、展示を中心に興味を消化する。

ファッションと出会い古着を解体しリメイクをする事により自身の世界観をファッションを

通して表現する事を思い立ち ESMOD JAPON OSAKA で学んだ後アパレル会社 数社でメンズ・レディースデザインを担当。

 

日本国内の生地産地や伝統工芸モノづくりの産地職人の元を訪れ日本の価値観を深く探りながらファッションアイテムを発表。

2007年KABUKIMONO DESIGN 立ち上げファッション・映 像・広告・プロモーション等の

コスチュームデザイン・スタイリング・ヴィジュアル・アートディレクションを手がける。

 

歴史に学び 人に学び 自分を学ぶ その先に見えてくる形を模索する

2015年より、古典とファッションを融合して自身の思い描く形を様々な形で作品を発表。

2019年には奈良の吉野の自然の逞しさを題材に古語と現代語を融合した詩を紡ぎ、

吉野の木を織った素材で制作した装束を発表。

ビジュアルでの表現としてフォトグラファーと協同して写真作品にも取り組んでいる。

目に見えない事が多いモノを目に見えるモノへと模索する事、それが私のデザイン表現の根源である

奈良出身

ESMOD JAPON OSAKA 卒業

アパレル数社にてメンズ・レディースデザインを担当

 

2007年

[ KABUKIMONO DESIGN OFFICE ] 設立

映像作品・広告・プロモーション・ファッション誌等の衣装デザインスタイリング

ヴィジュアル・アートディレクションを手がける

 

2014年

「BLACK or DYE 」展示

2015年

TOKYO DESIGN WEEK 2015 NEXT 100人展「 KONOHAMONo 」展示

奈良・町家の芸術祭はならぁと「奈良墨染め布の世界」展示

2016年

キッドアイラック・アート・ホール(東京都世田谷)「8th 1 TARAMAN Exhibition」展示

奈良・町家の芸術祭はならぁと「煤色あはひ展」展示

2017年

53美術館(中国・広州)日中交流現代芸術展「豊穣之宇迦来広州」招待展示

ムジークフェストなら2017 「ナラ・ツムグ・モノ・オト・幽玄響」空間展示

奈良・町家の芸術祭はならぁと「糸のカタチ」展示

2018年

恒岡町家個展(奈良) 「天羽ノ間」

DESIGNART TOKYO 2018 (東京)「TARAMAN+SABAE」

2019年

ちんゆいそだてぐさ(現代工芸フェア・奈良大和郡山)招待展示「天羽ノ飛翔櫓」

DESIGNART TOKYO 2019 (東京)「TARAMAN+纏木Mono」

2020年

DESIGNART TOKYO 2020 (東京)「MAJIKIRI」